ナノバブル(ウルトラファインバブル)製造技術

特許第5817081号   独自技術のGGIA方式で低圧で高性能

GGIA方式の特徴

  ・従来方式の旋回流方式とは違い低圧で、省エネです。

  ・流体の温度上昇が少ない。

  ・金属のみならず樹脂等でも製作でき安価である。

窒素ガスによる溶存酸素量 0.12mg/L                                                                               水量70L 稼動時間15分 ガス圧 0.1kg/cm2   供給量2.0L/min  水温31.7℃ 
酸素ガスによる溶存酸素量 54.17mg/L                                                                             水量70L 稼動時間15分 ガス圧 0.1kg/cm2  供給量2.0L/min  水温13.5℃
粒度分布図 窒素ガスでナノバブル水を調製し、ベックマン社に送り出荷より4日後に計測したもの。 約40ナノから400ナノのきれいな分布を示す。市水を使用。 ベックマンコールター社調べ
しいたけ菌床栽培 収量アップ図  2回目発生予定の菌床10個にて試験  酸素ナノバブル水に1回目収穫菌床を24時間浸漬した系と通常水との比較を行い、のち発生舎で通常発生させたもの。 約1.8倍のアップとなった。他数箇所にて試験を行ったが、同一の結果が得られた。特許取得
  洗浄試験 予備試験で結果を得た。本試験実施中。
▲ページTOPへ